ホーム 協会について 委員会・専門部・サークルの活動 - 協会について

委員会・専門部・サークルの活動 - 協会について

委員会活動

事業委員会

認定NPO法人として中途失聴・難聴者の福祉増進と生活・文化の向上を図る事業を実施しています。事業立案、実施できる体制整備、成果を上げることが当委員会の役割です。

平成26年度は従来の事業に加え、新たに以下の3つの助成事業を実施しました。

  1. 日本財団助成事業
    「中途失聴・難聴者対象コミュニケーション指導者養成」事業
  2. 日本社会福祉弘済会助成事業
    「聞こえの啓発リーダー養成講座」
  3. 共同募金助成事業
    「聞こえに関する啓発ブックレット」作成事業

広報委員会

広報委員会は、主な広報媒体である協会ニュース、協会ホームページ、パンフレットなどを通して、協会の活動目的や難聴者の現状を社会に発信し、広く理解を得るために活動しています。

社会的な役割を持ったNPO法人としての協会のあり方・目的に常に立ち返りながら、適切な情報提供、内容の充実がはかれるよう検討を重ねています。

特定非営利活動法人サービスグラントの支援を得て、ホームページリニューアルのプロジェクトが進行されました。

防災委員会

  • 協会の防災活動方針、他団体との協働、行政要望に関する内容を検討、理事会で審議する役目を担っています。
  • 26年度6月例会では、会員個々の防災対応力のアップを狙い、東京都消防庁に講演を依頼。緊急連絡方法、災害対応方法を中心に、会員の防災意識の啓発活動を行いました。「自分の身は自分で守る」ことを、会員・関係者へ問いかけていきます。

協会が運営協力・実施している事業

東京都中途失聴者・難聴者手話講習会

東京都福祉保健局主催。中途失聴・難聴者のための手話講習会。入門・初級・中級・上級クラス(各6ヶ月)の4クラス編成で2年間の学習。

受講期間

前期クラス:4 月開講~9 月修了(募集は3月初旬)
後期クラス:10 月開講~翌年 3 月修了(募集は9月初旬)
毎週金曜日:各クラス全22回(祝日・年末年始等を除く)

会場及び時間帯

  1. 三田会場 東京都障害者福祉会館 18:30~20:30
  2. 多摩会場 東京都多摩障害者スポーツセンター 13:30~15:30
    通常4クラスですが、多摩会場は変則的な3クラスとなっています。

受講費用

無料

問い合わせ先

東京都福祉保健局 障害者施策推進部 自立生活支援課 社会参加推進係
FAX:03-5388-1408
TEL:03-5320-4147
URL:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/index.html

中途失聴・難聴者 手話講習会応用Ⅰ・Ⅱクラス

東京都中途失聴・難聴者手話講習会の修了者、または同等の学習をした人が対象。
ただし応用Ⅱは、現在の応用Ⅰの進級希望者を優先。

全20回 

定員

各クラスとも20名

会場及び時間帯

  1. 三田会場 東京都障害者福祉会館 18:30~20:30
  2. 多摩会場 東京都障害者スポーツセンター 13:30~15:30

受講費用

協会員 無料
非会員 10,000円

問い合わせ先

東京都中途失聴・難聴者協会事務局

実践読話講習会

読話とは、口の動きや顔の表情などから話の内容を理解する事です。
講習会ではパワーポイントを使用して分かりやすく説明します。
交流会・グループ学習で友達の輪を広げましょう!

受講期間

毎年5月~翌年2月(全17回)第1・3水曜日 18:30~20:30

会場

東京都障害者福祉会館 B1

定員

25名

受講費用

東京都中途失聴・難聴者協会会員:無料
非会員:8,500円
別途資料代あり

申込方法

毎年4月1日から募集開始

問い合わせ先

東京都中途失聴・難聴者協会事務局

高齢難聴者生きがい講座

  • 目的:参加者全ての方々に、生きがいを取り戻していただく。
  • 内容:手話・読話の入門講座もあります。
    高齢者向けにゆっくりと丁寧な学習を心がけています。
    同障者にいろいろなサークル活動を体験していただけます。
  • 効果:この講座をきっかけに、多くの方々が中途失聴・難聴者対象の手話講習会や読話講習会に参加され、趣味を同じくする仲間を作り、人生を楽しんでいます。

日程:毎月第4月曜日 13:30~15:50
会場:東京都障害者福祉会館
対象者:都内にお住まいの原則55歳以上の方(身体障害者手帳の有無は問いません)
参加費:無料
申込方法:毎回、講座当日に会場で受け付けます

問い合わせ先:東京都中途失聴・難聴者協会事務局


専門部活動

福祉対策部

  • 近年は特に、施設・交通の情報アクセシビリティ向上に関する活動をしています。
  • 東京国立博物館からの依頼でバリアフリーチェックをするなど、交通機関や公共施設の個別調査、また調査データのまとめを進めています。
  • 聴覚障害者の情報バリアフリーの現状・課題整理・福祉政策に反映する活動・情報提供と、広い範囲を対象としています。

コミュニケ―ション対策部

  (休部中)

組織部

  1. 公益財団法人東京都福祉保健財団助成事業の地域コミュニケーション講座を、各地で年間5回開催。
  2. 地域の活動を伝える、情報交換の場としてのネットワークニュースを毎月1回発行。

会報編集部

協会のあらゆる情報を内外に発信する大切な部署。
協会活動への理解と参加・支援を促し、これにより協会活動を強化・拡大していく手段としての側面と、社会的活動をしていく上で必ず求められる「活動内容を説明する」という義務としての側面があります。

≪主な活動≫

  • 協会ニュースの編集発行(毎月1回、第2土曜日)
  • 協会ニュースは、協会活動や各部・サークルのお知らせ、また会員の声などをお届けしています。
  • 協会ニュースの発行は、協会活動に参加できない会員の方への情報伝達を目的としています。

会報編集部.png

要約筆記普及部

現在は部員数も少ないので、協会内部向けに要約筆記関連の勉強会や、年1回の協会例会担当などの活動をしています。部員を募集中です。要約筆記やコミュニケーション方法について関心をお持ちの方、ぜひ一緒に活動しましょう。

要約筆記普及部.jpg

要約筆記出前講座

30分コース、1時間コースなどがあり、日時や場所等のご都合に合わせて要約筆記をわかりやすく説明させていただきます。協会外部向けも相談に応じます。
要約筆記の知識を深めていただき、上手な要約筆記の利用者を増やしたいと考えています。どうぞご利用ください。

手話対策部

  • 部員構成:東京都手話講習会や協会主催応用クラスの現講師・助手や、元講師・助手
  • 活動目的:中途失聴者、難聴者の手話や指導について考察を深め、指導技術の向上を目指す。また、協会運営に協力する。

≪主な活動≫

  1. 毎月第一月曜日に部会を開催
  2. 外部講師による部員研修(年2回)
  3. 部員によるミニ手話講座(年1~2回)
  4. 今年度より、ろう者による特別講演会(有料)を開催

手話対策部.jpg 

実年部

コミュニケ―ション障害のため孤独な高齢難聴・中途失聴者が集うことで、多数の仲間の存在に気付いて、生きる勇気と励ましを与えるような部として活動。

  • 毎月定例会:第3金曜日 東京都障害者福祉会館 13:30~16:30
  • 役員会:第1木曜日 13:30~
  • 活動内容:新年会(食事会)、室内例会(講演会、学習会、体験談)、野外例会、花見、散策、工場見学、食べ歩きなど

≪その他≫

  • 全難聴関東ブロック高齢部に加盟して、関東の仲間と一泊研修会などに参加し、交流を深めている。
  • 今年度から協会の「生きがい講座」を担当し、企画内容を担っている。

実年部.jpg 

女性部

  • 定例会:毎月第1木曜日 13:30~17:00
  • 役員会:毎月第3水曜日 13:30~16:00
  • 全難聴主催行事
    • 女性部部長会・総会
    • 全難聴女性部部長会議・総会
    • 全難聴福祉大会
    • 関東ブロック女性部会議・一泊研修

≪活動内容≫

恒例野外活動&交流会、読話、手話ミニ講座、心と身体のメンテナンス健康体操(手話ダンス、太極拳、ハッピースマイルヨガ、介護認知予防体操)、講演会、手芸、新年会、茶話会は親睦を深め情報交換の場として好評を頂いております。

青年部

目的

「18歳から40歳までの中途失聴・難聴者(以下、青年難聴者)が自分らしく生きられる社会」の実現を目指す。


取組内容

  1. 青年難聴者同士の親睦を図る
  2. 青年難聴者への啓発および勧誘活動
  3. 青年難聴者に関する情報提供および情報収集
  4. 青年難聴者に関心のある人への相談・支援活動

活動内容

  1. レクリエーション企画、交流会、勉強会の実施
    年6回程度、青年難聴者の交流を深めるための企画を開催する。
  2. 勧誘活動の実施
    インターネットやチラシなどの広報媒体の活用、および関係機関との連携により、新たな青年難聴者を掘り起こし、当部が実施する企画への参加を促す。
  3. インターネット環境の充実により情報提供・収集
    1. 青年部HP(ブログ)の運営
    2. ソーシャル・ネットワーキング・サービスを有効活用

サークル活動

見学や体験は随時行っております。協会事務局へお問い合わせください。

手話サークル三田昼     

活動日:(1)、(2)のいずれかの活動日をお選びください。

  1. 第2金曜日 13:30~15:30
  2. 第2土曜日 13:30~15:30

第4土曜日(1、2合同)10:00~12:00 活動場所: 東京都障害者福祉会館

三田昼.png

手話サークル三田夜

活動日: 第1・第3土曜日 18:00~20:00 みみずくクラスとふくろうクラスに分かれて学習をしています。 活動場所: 東京都障害者福祉会館

三田夜.jpg

多摩手話サークル

活 動 日: 第2・第4木曜日 13:30~15:30 活動場所: 東京都多摩障害者スポーツセンター

多摩手話.jpg

多摩火曜手話サークル

活動日: 第1・第3火曜日 13:30~15:30 活動場所: 東京都多摩障害者スポーツセンター

多摩火曜手話.jpg 

読話サークル(夜)

活動日: 第2・第4水曜日 18:30~20:30 活動場所: 東京都障害者福祉会館

昼の読話サークル

活動日:1、2 いずれかの活動日をお選びください。

  1. 第1・第3水曜日クラス 14:00~16:00
  2. 第2・第4水曜日クラス 14:00~16:00

活動場所: 東京都障害者福祉会館

生け花教室

活動日: 第1・第3水曜日 18:00~21:00 活動場所: 東京都障害者福祉会館

生け花.jpg

手話コーラスすみれ会

例会日: 第1・第3水曜日 13:30~16:00 活動場所: 東京都障害者福祉会館

コーラスすみれ.jpg

三田書道サークル

例会日:第1・第3木曜日 13:30~16:00 活動場所:東京都障害者福祉会館

書道.jpg

三田絵手紙サークル

活動日:第2木曜日 13:30~16:00 活動場所:東京都障害者福祉会館

絵手紙.jpg

天文サークル「 オリオンの会」

活動日:不定期 活動内容:プラネタリウムへの字幕や磁気ループ設置の要望活動 活動場所:東京都障害者福祉会館及び都内プラネタリウム

オリオン.jpg

ページ上部へ戻る